「何も無しでは禁煙は出来ない」そう思う方はたくさんいます。ですが禁煙治療薬に頼りすぎるというのもあまりよくはありません。禁煙治療薬を使うリスクと、使わない治療法を見てみましょう。

記載事項を読んで病院で禁煙治療薬を出してもらう

病院を利用するときには、禁煙外来に関する記載事項をしっかりと読んで禁煙治療薬を出してもらうようにしなくてはいけません。病院に関する記載事項は、それぞれの禁煙外来によってかなり異なります。基本的に、禁煙外来そのものは珍しいものではありません、中にはかなり酷い喫煙者も存在しておりそうした喫煙者はたばこに関する依存度が異常なことになっているので精神科にまわされることも実際にあります。これは誇張した表現ではなく、実際にヘビースモーカーだった人が無理に禁煙を始めた結果鬱病を発症させてしまったという事例が存在します。たばこの中毒性はアルコールや麻薬の依存度と並ぶものがありますので、安易な判断で無理に禁煙をすすめてはいけないのです。
病院の禁煙外来を訪ねるときには、別の病院から紹介をしてもらって訪ねることも珍しくありません。その場合には、当該病院から禁煙外来に対する詳しい症状を含めた紹介状をかいてもらうことになるので、きちんと診察を受けなくてはいけません。
禁煙治療薬にも様々存在しますが、重度の中毒症を患っている人は一般的な市販の補助品のようにニコチンを含めた薬を服用することはありません。この場合には、ニコチンが全く含まれていない禁煙治療薬を使うことになります。ニコチンが全く含まれていないものを使うと、ニコチンが切れている状態が継続的に続くことになるので病院以外で治療をする時には中毒症状が出ることが大半です。しかし、薬を使うとニコチンが切れても本来出てくる苛立ちや不安感、倦怠感などを抑えることが出来ます。精神的に安定した状態が続くことになるので、治療がすすめやすくなるのです。
このように、病院で治療するときには記載事項に注意をしながら適切な診察を受けるようにしなくてはいけません。