「何も無しでは禁煙は出来ない」そう思う方はたくさんいます。ですが禁煙治療薬に頼りすぎるというのもあまりよくはありません。禁煙治療薬を使うリスクと、使わない治療法を見てみましょう。

禁煙治療薬として効果があるアロマで禁煙し血液検査

喫煙を続けていると、血液検査などにおいて再検査を求められてしまう可能性が極めて高まります。
喫煙により、血液の流れが良好ではなかったり血管が狭くなっていることが血液検査によって判明するためです。
血液検査によって、異常が発見されてしまうと治療費がかかるだけではなく、健康にも悪影響を及ぼしてしまいます。
しかし、長年喫煙を続けているほど禁煙するのは困難ですし、本数が多いほど禁断症状が辛いと言えます。
禁煙を手助けしてくれる禁煙治療薬というのは、様々なものが存在し数多く販売されていますが、今日主流になっているのはアロマを禁煙治療薬として用いる方法です。
アロマですので、通常の禁煙治療薬のようにコストもかかりませんし、始める際にも手軽です。
喫煙者が煙草を我慢している状態は、イライラしたり我慢できない衝動に駆られ、いわゆる禁断症状が発生します。
禁断症状が発生している時は、ドーパミンが減少し快感や満足感が消失している状態にあります。
つまり、ドーパミンの量を増加してあげることにより吸わなくても禁断症状が起きないということになります。
ドーパミンを増加させるための成分が配合されているのが禁煙治療薬ですが、アロマにもドーパミンを促進させる作用があるため、代用できるのです。
アロマを用いた禁煙治療薬の作り方は、アロマスプレーが効果的です。
制作するのも簡単ですし、煙草が吸いたくなってしまった際に胸の付近の肌に直接一吹きするだけで喫煙を我慢できるような満足感が得られます。
アロマはドーパミンの分泌を促進させますが、アロマスプレーを用いて煙草との距離が開いてきた場合は徐々に好みの香りに変えていくのも良いでしょう。
最終的には禁煙成功と同時に自分の好きな香りを身にまとうのです。